×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妊娠中の生活について

妊娠中は健康的に過ごすのが一番

妊娠中に不健康な生活をしていると自分の体の調子が悪くなるだけでなく、お腹の胎児にまで影響を与えかねません。だから健康的な生活を心がけることが大切になります。

タバコは吸わない

ここでわざわざ紹介する必要はないと思いますがタバコを妊娠中に吸うことはいけません。煙草には有害物質がたくさん入っているので赤ちゃんの成長を妨げるだけでなく障害を発生させる可能性が高まってしまいます。代わりに電子タバコを吸うことがおすすめです。

 

体を冷やさない

妊娠すると体質が変化するので冷え性が悪化してしまうことがあります。体の冷えは血行の流れを悪くするので赤ちゃんにうまく栄養をあてにくくなる心配があります。なので、しっかりと体を温めておくことがとても大切。冷えやすい方はショウガ湯を飲むようにすると体があたたまります。

 

歩くことを習慣にしましょう

育休をとって自宅で過ごしているとのんびりとしていていいというわけではありあません。体を動かさないと筋肉の力が低下してしまうので出産の時に苦労してしまうことになります。日ごろから体力を高めておくためには定期的に散歩を行うことです。体の筋肉をしっかりと使えば有酸素運動になるので血行が良くなります。